品質管理体制と人材育成

品質方針

当社は、「ステンレス鋼、Ni合金鋼を主要材料とした圧力容器、真空容器及びその他機器類の設計及び製造」にあたり、いかなる場合でも顧客、および法令・規制の要求事項を遵守し、社会が要求する安全で精度の高い製品とサービスを提供致します。また、顧客満足の向上を目指し品質マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

品質管理のための基本活動は以下の通り行なっています

●お客さまよりの苦情及び不適合を撲滅するために、各部門は具体的な品質目標を定め、年度計画を策定し、実行する。
●年度計画が品質目標に沿って実行、達成されているか定期的に把握し、問題があれば見直しを行う。
●計画の最終結果を基に次年度の品質目標を立て、継続的な改善に努めます。

品質管理体制

エイシア工業グループは2007年5月より認証取得のための活動を開始しました。推進委員が中心となり、品質システムを構築し、11月より全社で実際の業務に対して運用を開始しました。その後、内部監査、予備審査でシステムの不備の改善を進め、2008年7月23日に認証機関(JHIA(財)日本燃焼機器検査協会)の審査により認証を取得いたしました。お客様のニーズに応えるべく高品質の製品を提供しつづけるためにシステムの改善と、熟練者の技能、技術の伝承に全社員一丸となって取り組んでまいります。

人が、エイシアのすべてです。

社員の半数以上がJIS溶接技能者認証・普通ボイラー溶接士等の技量資格を有し、品質保証関係については、浸透探傷・放射線透過試験等の有資格者が検査にあたり、各種分野にわたるご要望にお応えしています。また、技術向上のため、各グループごとに社内講習会を行っています。

保有資格と有資格者 一覧

資格種類 規格 人数
(株)日本溶接協会 JIS・Z 3801 アーク溶接 A-2F 10
JIS・Z 3821 ステンレス鋼溶接 MA-F 1
JIS・Z 3821 ステンレス鋼溶接 MA-FH 1
JIS・Z 3821 ステンレス鋼溶接 TN-F 8
JIS・Z 3821 ステンレス鋼溶接 TN-FH 0
JIS・Z 3821 ステンレス鋼溶接 TN-FP 8
JIS・Z 3821 ステンレス鋼溶接 MN-F 1
JIS・Z 3821 ステンレス鋼溶接 TN-FVHP 1
JIS・Z 3891 銀ろう付け Pa-Cu 2
JIS・Z 3841 半自動溶接 SC-2F 0
JIS・Z 3841 半自動溶接 SA-2F 4
JIS・Z 3410-1999(ISO14731) WES8103溶接管理技術者 特別級 1
東京労働局 普通ボイラー溶接士 6
(社)日本ボイラ協会 普通第一種圧力容器取扱作業主任者 1
千葉県高圧ガス保安協会 CE等保安監督者 1
(社)日本非破壊検査協会 JIS・Z 2305 溶剤除去性浸透深傷検査 レベル1 2
JIS・Z 2305 浸透深傷試験 レベル1 5
JIS・Z 2305 浸透深傷試験 レベル2 3
JIS・Z 2305 放射線透過試験 レベル1 1
JIS・Z 2305 放射線透過試験 レベル2 1
その他・特別講習等 ガス溶接 9
プレス機械作業者 5
自由研削といし 4
玉掛け技能 21
アーク溶接 6
床上操作式クレーン 14
高所作業者 1
アセチレン溶接 0
有機溶接作業主任者 2
フォークリフト 7
安全衛生推進者 3